無足場工法

無足場工法とは、足場を組み立てずに施工を行う工法。

この無足場工法を行う最大のメリットは、足場を組み立てることはないので費用を抑えることができつつ、工期も足場を組み立てたときと比較しても速いです。
また、足場を使った窃盗事件などといった不安を取り除くことも。

狭い敷地を最大限活用できるのもこの工法ならではです。

足場は本来、建物の建築に必要不可欠なもの。

この足場を使用せずに施工を行うことが、無足場工法の考え方です。
そのため、足場スペースが不要となり敷地ギリギリにまで建物を施工することが可能となります。

狭い敷地でのお住まいの建て替えや、都心部の土地の有効活用にその力を発揮します。
実際に、足場を使用したときよりも、お部屋が1つ分くらい広がったことも。

当社では、この無足場工法を得意としておりますので、お客様のご要望はもちろん細部にまで充分な施工を行うことができ、施工不良といったことはございません。

品質の高い建物建築をお求めの方は、ぜひ当社にお任せください。

無足場工法は足場の組み立てに関する手順を省きことができますので、工期が短く済みます。
足場を組み立てる際は、建物の建築に入る前に足場を組み立てるところから着工し、工事が終わった後に、足場の解体を行う必要があります。

また、足場を組んでいく場合、多くの人材や鉄パイプといった資材が必要です。
無足場工法は足場代を抑えることができるため、足場を利用するときに比べて費用がお安くなります。

さらに足場を使用しないことで、現場周辺にゴミなどを散らかすことなく、綺麗に工事が可能。
足場シートによるバタつき音など、近隣の方へのクレームも減少します。