型枠工事

鉄筋コンクリートの建物を建てる場合、必要になってくるのが型枠。
頑丈な基礎を造るための、必要な重要な作業です。

型枠工事は型枠を組み立て、そこにコンクリートを流し込み、コンクリートが固まれば型枠を外すというところまでの流れを言います。

当社では最新の技術を駆使して、無足場工法でお客様のご要望を細部にまで実現しつつ、安心・安全な型枠工事をお届けいたします。
高品質で安心・安全な型枠工事をお求めの方は、ぜひ「木藤工務店」にお任せください。

■型枠工事は経験値が求められます

型枠工事を行う大工たちは、完成をしっかりイメージし、図面を読み取る力はもちろん平面図に描かれた設計図を立体的に展開できる能力が求められます。
同じ環境・設計図は存在いたしませんので、今までの現場経験や知識、そして創造性が求められる作業です。
そんな経験値が必須な型枠工事。
当社は、これまでに数多くの現場で作業を行ってまいりました。
豊富な現場経験と培ってきた知識と技術があるからこそ、お客様のご要望に幅広く対応することができます。

■狭小地もお任せ!無足場工法

無足場工法とは、簡単に言えば足場をつくらない工法のこと。
特徴としては、足場を使用しないため足場を組む費用がかからず工期の短縮も実現し、狭小地での住宅建築に最適です。
また、無足場工法は他にもメリットがございますので、ご紹介いたします。

○無足場工法のメリット

1.足場代がかからない
足場の組み立ての費用が不要になるため、工事費用を大幅に抑えることが可能。

2.狭い場所でも作業可能
建物と建物の間が狭すぎて足場を組むことができない場合でも、無足場工法では人が通れる程のスペースがあれば作業を行うことができます。
そのため、敷地ギリギリまで建坪を広げることができます。

3.作業が速い
無足場工法は、足場の設置・撤去が不要ですので、工期を短縮することができます。

4.防犯面でも安心◎
足場を設置した場合、第三者がその足場を使ってベランダなどに侵入することができるため、窃盗事件など不安がございます。
無足場工法は足場を設置しないため、このような心配はございません。

5.お隣の方への負担の軽減
足場を組むことでお隣の方の敷地を借りたり、防犯面・環境面といったご迷惑をかけたりと何かと気を使うことも多いと思いますが、無足場工法はそのような負担が軽減します。

無足場工法について詳しくはこちらから≫

一覧ページに戻る